アメリカ人がよく言う困った時はドアを叩けの(本当の意味)

皆さん困った時はドアを叩けって言葉聞いた事ありますか?

アメリカ人はこのセリフをよく使います。

主にこの意味は仕事や人間関係で困った時に使われるフレーズです。

皆さん、人生で一度は辛い経験をした事がありますよね?アメリカ人はよく人生をドアと例えます。その理由は、人は常に前進しなくてはなりません。しかし、前進していると、人は必ずる困難と言うドアが君の前進を阻止しようとします。このような事かからドアは人生と言います。

ドアを開ける方法は主に2つしかありませ。

1つは鍵を使いドアを開ける。

鍵を手に入れるには、そのドアに合った努力をしドアの鍵を得るしか方法はありませ。例えば、仕事で何か新しいプロジェクトを作り成功したいという時は、その自分で決めた目標を人一倍努力をし、成功へ扉の鍵を得るしか方法はありませ。

2つ目はドアを叩く。

これは主に、人と人との繋がりを言います。人生には時に、運や努力では成功へのドアの鍵を得る事が難しい時があります。鍵を得られない時期が長く続くに連れ、人はその鍵を得る挑戦を諦めようとします。鍵を得られないからと言って、諦めたらそこでゲームオバーです。何故なら、人生は常に前に進んで行かなくてはならないからです。そんな時、ドアを開け、先に進むには、ドアを叩き中にいる人に自分をアピールし、ドアを開けてもらうしか方法はありませ。もし開けたドアが閉まってしまったら、もう一度ドアを叩き開けて貰うだけです。この世の全てのドアは君の努力で開けて貰うのを待っています。失敗したからといって悩む事はない、ドアを叩いて開けてごらん、きっとドアの先には君を栄光へと導いてくれる、道が続いているから。

アメリカの富裕層の友達

今日は私のアメリカの富裕層の友達のお話をします。私はアメリカに来て約5年経ちました。色々努力をし英語も喋れるように成り大学も卒業しました。色々な資格も取り、今ではアメリカで仕事ができるビザまで習得しました。しかし、これは留学生なら誰でも得られる物です。

本当にアメリカ留学で重要なのは、世界中の友達を作る事です。皆さん友達は重要ですよね。しかし変わった日本人留学生もいるんですよ。私のクラスメイトの日本人で今は海外の友達はいらないっていう人がいたんですよ。その理由は、アメリカに大金を払って勉強しに来ているから、遊んでいる暇はないそうです。しかし遊んでいる私でもその人が学べ事は全て学べます。なぜなら自分も同じ大学だからです。しかしその人が学べない事を私は学べます。それは世界中の友達からのリアルな異文化です。

アメリカには色々な人種がいるので中には信じられない程のお金持ちもいます。20代で学校に来るのにフェラーリなどの高級車で来る人もいます。一晩でクラブで200万ぐらい使う友達もいます。そう言った人と友達になると得るものは大きいです。例えば、私の友達でニューヨークのホテルを経営している人がいました。その人がニューヨークに滞在している間はホテルのレストランなどは全てタダ、かつそのホテルに自分が泊まってもタダです。私がマイアミに遊びに行った時に友達が空港までランボルギーニで向かいに来ました。その人はニューヨークにいた時にすごく仲が良かった友達だった為、私がマイアミに行った時は全ての場所で私はVIP扱いでした。(私はVIPではないのに。笑)

ちょっと自慢話になってしまいましたが、私は今留学を考えている人にこれだけは伝えたかったからです。留学をするのは決して安い値段ではありませんが、勉強だけでは学べる事に上限があります。私でもアメリカの大学を卒業出来たので、皆さんも勉強だけではなく世界中の友達を作る方に専念してください。きっと得るものは大きいと思います。

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑