日本から語学学校の手続きをしよう。

語学学校の方に入学手続きはどうすればいいの?

皆さ語学学校は海外にあるので海外に行った時に申込みするって思っていませんか?語学学校に入学手続きをするのは日本からでも可能です。今日はその方法をお話しします。

  1. 日本の英語学校に1年間入りそこから申請をしてもらう。
  2. 日本の留学を扱っている会社に語学学校を申請してもらう
  3. 海外に友達がいれば友達に入学の書類を送ってもらう。

語学学校


語学留学とは?語学留学とは名前のとうり海外に語学の勉強をしに行く事です。私も19歳の時にアメリカニューヨークに語学留学で初めきました。

語学留学をするには?

一般的にはまず語学学校に行きます。その理由はVISAの問題があるからです。国によって異なりますが、観光でその国にMAXで滞在できる日数は90にです。しかし語学学校に通うと学校の方から学生VISAを出してもらえるので長く滞在できるようになります。語学学校ではそこの国の言語の言葉を学びます。

語学学校は何を主にするの?

ここではアメリカの語学学校の例を話します。まず初日目はオリエンテーションに行きます。そこでレベルテストを受け自分にあったレベルのクラスを先生の方が決めてくれます。この時テストは主にライティング、リスニングとスピーキングです。これ約1時間程で終わります。その次に決められたクラスに後日行きます。最初のクラスは主に自己紹介などをして少し英語を勉強したらおしまいです。次の日から本格的に授業が始まる学校が多いいです。なので初日目は友達を作るチャンスですー。

語学学校のメリットは?

  1. 語学学校のメリットはまず圧倒的に英語を覚えるのが早いです。日本だと一年掛かっても海外の人とコミニケーションが取れない人が多いいですが、語学学校に通っている人は片言ではありますが約2ヶ月程でコミニケーションを取れるようになります。
  2. 世界中の人と異文化交流ができる。大学になるとやはりそこの母国の人が多くなりますが、語学学校は世界中から語学を学びに来ているので色々な文化や言語を学ぶ事ができます。
  3. 世界中の富豪の方達と仲良くなれる?語学学校には世界中の富豪がよく集まります。理由は学費や物価が高いからです。(飽くまでもこれはアメリカの話です)なぜ富豪が集まるかというと、富豪の両親達が自分の子供をグローバルな人に育てたいからです。現に私もすごい富豪の方達と出会いました。

TOFEL

皆さんTOFEL(トーフル)という言葉は聞いた事ありますか?

TOFELとはアメリカ合衆国の NPOである教育試験サービスの事です。日本でいう英検です。そうしたら日本人なら英検だけでいいじゃん?と思いますよね。TOFELは企業や海外の大学に入るために必要なテストです。TOFELには二種類ありますIBTとLTP。しかし主に今使われているのはIBTの方です。今日はIBTの方をお話しします。

1)TOFEL IBT このテストはリスニング、リーディング、スピーキングとライティングの4つのテストで判断するものです。点数は各30点ずつで、リーディング、スピーキングとライティング合計は120が満点です。TOFELには英検とは違い何点取ったら合格とはありません。試験時間は約5時間くらいです。

TOFELの点を使える場所は?

  1. 会社に自分の英語力を証明できる
  2. 外資系で働きたい。外資系の仕事はTOFELの点を要求す場所が多数です。点数は約100~105点ぐらいです。
  3. アメリカの大学に入りたい。この場合点数は約65~80点ぐらい必要です。もし高得点が取れたら、アメリカの大学にテストなしで入学が可能です(一部の大学だけです)

TOFELは難しい?

TOFELは非常に難しいテストです。満点を取るのはアメリカ人でも無理な人が多いいと言われています。難しい理由は沢山の単語を覚えていないと解けない問題が多いい。日本人にはリスニングが早すぎる。このような理由から難しいと言われています。実際私が受けた感想は単語のほはかなり覚える必要があるが基礎をしっかりと勉強すれば高得点は狙えるはずで。現に私もアメリカの大学に入学をする点数の基準は取れたので。

もし英語に興味がある方はこちらをご覧下さい ↓ ↓

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑