アメリカ人がよく言う困った時はドアを叩けの(本当の意味)

皆さん困った時はドアを叩けって言葉聞いた事ありますか?

アメリカ人はこのセリフをよく使います。

主にこの意味は仕事や人間関係で困った時に使われるフレーズです。

皆さん、人生で一度は辛い経験をした事がありますよね?アメリカ人はよく人生をドアと例えます。その理由は、人は常に前進しなくてはなりません。しかし、前進していると、人は必ずる困難と言うドアが君の前進を阻止しようとします。このような事かからドアは人生と言います。

ドアを開ける方法は主に2つしかありませ。

1つは鍵を使いドアを開ける。

鍵を手に入れるには、そのドアに合った努力をしドアの鍵を得るしか方法はありませ。例えば、仕事で何か新しいプロジェクトを作り成功したいという時は、その自分で決めた目標を人一倍努力をし、成功へ扉の鍵を得るしか方法はありませ。

2つ目はドアを叩く。

これは主に、人と人との繋がりを言います。人生には時に、運や努力では成功へのドアの鍵を得る事が難しい時があります。鍵を得られない時期が長く続くに連れ、人はその鍵を得る挑戦を諦めようとします。鍵を得られないからと言って、諦めたらそこでゲームオバーです。何故なら、人生は常に前に進んで行かなくてはならないからです。そんな時、ドアを開け、先に進むには、ドアを叩き中にいる人に自分をアピールし、ドアを開けてもらうしか方法はありませ。もし開けたドアが閉まってしまったら、もう一度ドアを叩き開けて貰うだけです。この世の全てのドアは君の努力で開けて貰うのを待っています。失敗したからといって悩む事はない、ドアを叩いて開けてごらん、きっとドアの先には君を栄光へと導いてくれる、道が続いているから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。