アメリカブログ

アメリカのチップシステムとは?

チップとは??

日本では馴染みのないチップシステムですが、アメリカはTaxとべつにチップを払わなくてはいけません。その理由はレストランのウェーターなどはチップで生活をしているからです。しかし本当にチップを毎回払わなくちゃいけないの?もし100ドルの物を買ったらTaxとチップを払ったらかなりの額いってしまうよ?チップはアメリカでは、トータルの値段の15パーセントだからアメリカ人はどうするの?今日はアメリカに住んでいる私が教える本当のアメリカのチップシステム。

アメリカ人がチップを払う所は決まっている?

スターバックスや洋服店などの商品を買うといった場所などではチップは払いません。一応カードでお会計をするとチップの項目が出て来ますが払う人は余りいません(人に寄って事なります。チップを払う人もいます)主にチップを払う場所はレストラン、タクシーなどのサービスを提供している所です。

アメリカ人は本当に毎回チップを払うの?

チップは一応気持ちです。しかしアメリカ人はチップで生活をしているので払わないとチップを払ってくれと言われます。アメリカはチップが貰える仕事では給料がすごく安いです。しかしチップで給料の何倍ぼ貰えるので生活が出来るのです。

チップは気持ちなので、もしサービスが良くなかったら払わなくていいの

これは人にもよりますが余りにも接客態度が悪かった場合はアメリカ人はゼロではないですが10パーセント以下のチップしか払いません。アメリカにはそれの逆もあります。例えば凄く感じのいい対用をしてもらった時はアメリカ人は25パーセントぐらいのチップを払う時もあります。トータルが100ドルだとしたら25ドルぐらいです。

チップが元から含まれている場所がある?

店によってはチップが払う前に含まれている場所があります。この場合はチップを払う必要はありません。見分け方は、お会計を受け取った時にレシートにサービス料金やTaxが2つ付いていたりします。もし分からなかったら店の人にチップは含まれているか?と聞けばオッケーです。

ホテルや セキュリティーに払うチップは値段が違う?

ホテルやセキュリティーなどわいくら払えばいいか分かりませんよね?チップはトータル料金の15%なので!ホテルやセキュリティーなどに払うチップは大体2ドルから5ドルぐらいです。多く払っても大丈夫です!笑笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。