アメリカブログ

プロモーターとの出会い

今日は私がアメリカ留学で出会ったクラブのプロモーターのお話をします。私は今ニューヨークに住んでいますが一ヶ月に一回はクラブに遊びに行きます。私とプロモーターとの出会いをお話する前にクラブのプロモーターって何?を説明します。

クラブのプロモーターとはクラブに女の子を連れて行く仕事です。簡単に言うとホストです。

私が初めてプロモーターと出会ったのは行きつけのクラブでした。私はいつも通り金曜日の夜クラブに一人で遊びに行っていました(その時は来てまだ三ヶ月目だったので友達がいなかったから一人。)ニューヨークのクラブの中に入るのには30分ぐらい並ばないと入れません。なのでいつも通り一人で並んでいました。その時私と同い年ぐらいの一人の男性が私達が並んでいる列を押しのけて先頭に行きわずか20秒程でクラブの中に入って行きました。私はこんなアメリカンスタイルな人も入るんだなと思いました。そうして10分もしないうちにその男性は外に出で来て、列に並んでたほとんどの女の子を列の外に出しました。なぜかその時私も列から出されました。列から出された後私は今日はもうチケットが売り切れで入れないんだなと思い帰ろうとしていました。その時私を列から外に出した男性が俺にタバコを一本くれと言って来たのであげました。そうし2人でタバコを吸っていたらその男性が何でお前一人で来てるんだ?と私に言って来たので、私は友達がいないからと言いました。まあここで強がっても事実友達がいないのには変わりありませんからね。笑

そうしたらその男性がじゃ俺と一緒に来いよ。私はラッキーと思いました、だって一人でクラブに居てもぶっちゃけつまらないからね。そうしてタバコを吸い終わり列に戻ろうとしたら、セキュリティが自分達のところにやって来てこいつお前の知り合いかと僕の友達に聞いてました。友達がYESと言ったら列にも並ばないで中に入れてしまいました。ラッキー。そうして彼が私に、俺VIPテーブルがあるから来いよと言われ私は付いて行きました。その時私はびっくりしました。何とそのテーブルには約50人ぐらいのモデルの女の子がいて、お酒も高級なお酒がボトルでテーブルに置いてありました。私はこの人何もん?って思いました。
そうして彼は私に俺プロモーターだから好きなだけお酒を飲んでくれて構わないよ、全てタダでいいから。そうして私とプロモーターは約5o人の女の子に囲まれて朝まで飲んでいました。これが私の初めてのプロモーターとの出会いです。

皆さん海外の大学に入るにはTOFELかTOEICのテストを受ける必要があります。そのテストはかなり難しいです、しかし私がおすすめするこのサイトを使えばもう安心です英語真っすぐリーディング講座

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。