留学手順

TOFEL

皆さんTOFEL(トーフル)という言葉は聞いた事ありますか?

TOFELとはアメリカ合衆国の NPOである教育試験サービスの事です。日本でいう英検です。そうしたら日本人なら英検だけでいいじゃん?と思いますよね。TOFELは企業や海外の大学に入るために必要なテストです。TOFELには二種類ありますIBTとLTP。しかし主に今使われているのはIBTの方です。今日はIBTの方をお話しします。

1)TOFEL IBT このテストはリスニング、リーディング、スピーキングとライティングの4つのテストで判断するものです。点数は各30点ずつで、リーディング、スピーキングとライティング合計は120が満点です。TOFELには英検とは違い何点取ったら合格とはありません。試験時間は約5時間くらいです。

TOFELの点を使える場所は?

  1. 会社に自分の英語力を証明できる
  2. 外資系で働きたい。外資系の仕事はTOFELの点を要求す場所が多数です。点数は約100~105点ぐらいです。
  3. アメリカの大学に入りたい。この場合点数は約65~80点ぐらい必要です。もし高得点が取れたら、アメリカの大学にテストなしで入学が可能です(一部の大学だけです)

TOFELは難しい?

TOFELは非常に難しいテストです。満点を取るのはアメリカ人でも無理な人が多いいと言われています。難しい理由は沢山の単語を覚えていないと解けない問題が多いい。日本人にはリスニングが早すぎる。このような理由から難しいと言われています。実際私が受けた感想は単語のほはかなり覚える必要があるが基礎をしっかりと勉強すれば高得点は狙えるはずで。現に私もアメリカの大学に入学をする点数の基準は取れたので。

もし英語に興味がある方はこちらをご覧下さい ↓ ↓

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。