アメリカブログ

アメリカの大学は卒業するのが難しい?

皆さん初めまして。今日は私の初めてのブログ投稿なので私が通っていたアメリカの大学のお話しをします。

お話をする前に軽く私の自己紹介させてもらいます。私の名前は釣川拓海です。私は19歳の時にニューヨークに語学留学をし、今現在はアメリカでファッション系の仕事をしています。今日は留学生活で一番大変だったアメリカの大学生活をお話します。ちなみに上の写真が私の通っていた大学です。

アメリカの大学は日本の大学とは全く違う!!

皆さんこの言葉を聞いたことありますよね?(アメリカの大学に入るのは簡単だが卒業をするのは難しい)この言葉は正論です。アメリカの大学は入学をするのは意外と簡単です。その理由は留学生はアメリカの大学から入学をするのに求められのが2つだけだからです。まず1つ目は英語が話せる(TOFEL か TOICE で高得点をとりそれを大学の方に証明する。2つ目は学費を4年間分払えるかどうかです。結論アメリカの大学に入るには英語が喋れるのと学
費が払えるかだけです。
私のウェブサイトの方でTOFEL と TOICEの方を詳しく説明しているので是非ご覧ください。https://takumi0703.online/2018/09/19/tofel/

アメリカの大学を卒業すのが難しい理由

それでは、アメリカの大学を卒業するのはなぜ難しいかをお話しします。アメリカの大学はまず宿題がほぼ毎日のように出ます。

これは日本の大学でも毎日宿題がある大学もあると思います。しかし宿題は全て英語です。これが大変何ですよねー!!

アメリカの大学の宿題は主にエッセーです。エッセーとは日本でいう(論文みたいなものです)これは約2ページから5ページほど書きます。エッセーは主に授業で教授が決めたトピックの感想文を書く感じです。

その次はプレゼンテーションです。これはトータルGreatの中の約25%の点数が入るのでかなり重要です。日本人留学生が最も緊張するのはプレゼンテーションと言われています。その理由は何十人といった人の前で英語で発表するからです。アメリカの大学は世界中の国の人が在籍しているのもまた一つのプレッシャーです。

プレゼンテーションでやる事はお題を教授の方から出されるのでそれをみんなの前で理論します。この時に難しいのは自分が決めた発表する記事の書き方です。教授によっては他のサイトからの記事の引用をしなくてはならないからです。

他のサイトからの記事の引用とは、例えば、自分の記事をファッションについて書いてるとします。この時に記事の構成はまず最初にイントロダクションを書きます。(自分の記事の紹介です)次に記事のバディーというのを書きます。これは記事を詳しく説明する事です。ここで主に他のサイトの引用を入れます。例えば、私がこの洋服は来年流行ります、と書いたらまず自分の言葉で、その洋服が流行る理由を説明します。その次に他のサイトから自分と同じ予想をしている人を探します。その後にその人の洋服が流行る理由を自分の記事に書きます。これが難しいんです。何故なら自分が予想した流行る服を他の人も予想してるとは限りません。

最後は中間と期末テストです。

これがかなり難しく、クラスをパスするには70点以上取らなければなりません。(全て英語です)泣。もし70点以上取れなかったらどうするの??もう一度そのクラスを取り直しです。

難しいですね?これも慣れてくるので大丈夫です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。